見出し

タンス預金の常識⇒物価上昇の(インフレ)局面では、価格が上がった分現金はお金としての価値が目減りするという現実。当面の生活に準備しておく必要のないお金であるのなら、タンス預金をやめて安全でわずかでも金利も付く商品に資金を移した方がよいだろう。
いわゆるバブル経済(日本では昭和61年からが有名)の意味は不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産の市場での取引価格が過剰な投機により実体経済の本当の成長を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、当然の結果として投機による下支えができなくなるまでの状態を指す言葉。
バンク(bank)という言葉はイタリア語のbancoに由来すると言われている。ヨーロッパで最も歴史のある銀行。それは15世紀の初め(日本は室町時代)にジェノヴァ共和国で誕生し、政治的にも重要だったサン・ジョルジョ銀行であるという。
【用語】外貨両替って何?たとえば海外旅行または外貨を手元におく必要がある場合に利用することが多い。最近は円に対して不安を感じて、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
今後、安定という面で魅力的というだけではなく活発なこれまでにない金融システムの構築のためには、どうしても民間企業である金融機関と行政(国)がお互いが持つ解決するべき課題に精力的に取り組んでいかなければいけません。


15年近く昔の西暦1998年6月、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等が所掌する業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に関するものを分離・分割して、総理府(当時)の内部部局ではなく外局のひとつ、旧金融監督庁が発足したのです。
西暦2000年7月、当時の大蔵省から金融制度の企画立案に関する事務を新たに統合し1998年に発足した金融監督庁を新組織、金融庁として改編。翌2001年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局となったのである。
結論、「重大な違反」なのかそうならないのかは、金融庁において判断するものである。たいていの場合、他愛の無い違反が多数あり、それによる関係で、「重大な違反」判断をされてしまうのである。
簡単紹介。金融機関の格付け(ランク付け)とは→信用格付業者が金融機関、そして国債・社債などの発行元の信用力(支払能力など)を一定の基準に基づいて評価するという仕組み。
西暦1998年12月に、旧総理府の外局として国務大臣を長とされた新しい組織、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(現、金融庁)は平成13年1月の金融再生委員会廃止まで、その管理下に約2年半位置づけされていたのである。


FXとは、要は外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す取引のことである。外貨預金または外貨MMFなどより利回りが良く、また手数料等も安いという特徴がある。FXをはじめたい場合は証券会社またはFX会社で購入しよう。
これからも日本国内で生まれた金融機関は、既にグローバルな金融規制等(市場や取引)の強化までも視野に入れて、これまで以上の財務体質の強化、それに加えて合併・統合等を含む組織再編成などに積極的に取り組んでいます。
日本を代表する金融街である兜町"東京証券取引所(兜町2番1号
難しいけれど「ロイズ」について。ロンドン中心部のシティ(金融街)にある規模・歴史ともに世界有数の保険市場です。議会制定法で法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)とそのシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合を指す場合もある。
このため日本の金融・資本市場の競争力等を強化することを目的とした規制緩和だけではなく、金融規制のますますの質的な向上を目標にした取組や試みをすすめる等、市場そして規制環境に関する整備がすでに進められているのです。


ニッキの情報をご紹介
2style.net