見出し

知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債、短期金融資産などで運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)というものである。注意が必要なのは、取得から日をおかず(30日未満)に解約するような場合、なんと手数料に違約金分も必要となるということである。
簡単に?!ペイオフの意味は起きてしまった金融機関の経営破綻による倒産などに伴い、預金保険法により保護可能な預金者(法人等も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事なのです。
昭和21年に設立された日本損害保険協会は、日本の損害保険業と協会員の健全な進展さらに信頼性を高めることを図り、これによって安心であり安全な社会を実現させることに寄与することを目的としているのです。
まさに世紀末の平成12年7月、当時の大蔵省からさらに金融制度の企画立案事務を統合させて約2年前に発足した金融監督庁を金融再生委員会の指揮監督する金融庁に改組した。翌年の平成13年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となった。
麻生総理が誕生した2008年9月に起きた事件。アメリカの国内第4位の投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったことは記憶に鮮明だ。この出来事が歴史的な世界的金融危機の引き金になったことから「リーマン・ショック」と名づけられたのです。


平成10年12月、旧総理府の外局として国務大臣を長と決めた機関である金融再生委員会を設置し、不祥事を受けて設置された金融監督庁は2001年に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に2年余り配されたということ。
【用語】金融機関のランク付けとは何か、信用格付機関によって金融機関を含む国債・社債などの発行元、それらの債務の支払能力や信用力などをアナリストの意見をもとに評価するのだ。
15年近く昔の西暦1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督事務のセクションを切り離して、総理府(現内閣府)の強力な外局として新組織、金融監督庁が発足したということ。
覚えておこう、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを指す。気を付けよう、取得からまもなく(30日未満)で解約する場合、その手数料に違約金が上乗せされるというものです。
今後、安定という面で魅力的で、かつ活力にも魅力があるこれまでにない金融システムを実現させるためには、民間企業である金融機関と政府が双方の抱える問題を積極的に解決しなければならない。


特別の法律により設立された法人である日本証券業協会とは、国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の有価証券に係る取引(売買の手続き等)を公正で円滑にし、金融商品取引業界全体の堅実なますますの成長を図り、投資してくれた者を保護することを協会の目的としている。
よく聞くコトバ、デリバティブとは何か?従来からの金融取引だったり実物商品・債権取引の相場変動によって起きる危険性を退けるために発明された金融商品全体のことをいい、金融派生商品とも呼ばれることがある。
将来を見据え日本国内で活動中のほとんどの金融グループは、強い関心を持って国際的な規制等が強化されることも考えて、経営の一段の強化、合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに精力的に取り組んできています。
簡単紹介。金融機関の評価とは何か、格付機関によって金融機関を含め国債を発行している政府や、社債などの発行会社に関する、債務の支払能力や信用力などを基準・数字を用いて評価するという仕組み。
紹介のあった、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が自前でファンドを作って、それを健全な運営を続けるためには、大変量の、業者が「やるべきこと」、並びに「やってはいけないこと」が事細かに定められているのである。


消費者金融からお金を借りるだなんて!
2style.net