ツーショットチャット

クリ責めをするとマン汁が溢れ出す保育士と合計3人のセフレ インターネットが発展したことによりコミュニティーに最大の変化をもたらしたのはメールだと思う。特にビジネスにおいてはメールによって仕事のやり方が100パーセント変わったと言っても過言ではない。古い体質の企業は今でも電話信奉が強いが、そんなものは既に過去の遺物だ。ビジネスに音声はいらないのだ。感情が入り込む上にアドリブ力を求められる電話対応など足をすくわれる原因にしかなり得ない。現に私も職場ではメール中心であり、一言もしゃべらない日だって存在する。しかし、だからと言って何も弊害はないのだ。無駄話だってチャットで事足りるのである。 プライベートではよくツーショットチャットを利用する。私より一回り上の世代はテレフォンセックスなどテレクラを利用していた。しかし、これはビデオチャットに駆逐された。映像に勝るものはないからであると言うのは一般論である。しかし、ここまでくるとセックスが最高と言う結論に達してしまう。ビデオチャットとセックスどちらがいいか?と聞かれると、やはり私はセックスだ。私がビデオチャットに染まらないのはこの理由である。映像は想像力を奪いあるがままを受け入れるだけのつまらないゲームになってしまうためだ。 そのために、テキストのみのツーショットチャットを未だに利用している。音声に懐疑的な私には、テキストでチャットする方が似合っている。ツーショットチャットは想像力が最大の糧だ。キーボードの向こう側を想像してひたすら淫語をテキストにする。すると、興奮に伴いテキストが動き出す。脳からエンドルフィンが放出される感覚が訪れて、テキストが相手をイカせようと自分の意思以上の活発化を見せる。この瞬間がたまらないのだ。 もちろん、相手あってのものだ。当然「ハズレ」な相手にあたる時もあるが、それは仕方がないと割り切れるのもチャットの良さである。想像力を刺激するゲームだから相手は問わないし、オフパコしたいとは思わない。私が望むのは、あくまでも想像力を掻き立ててくれるテキストを打ってくるリズムの持ち主だからだ。だから、仮に相手がネカマだったとしても、それは構わないと思っている。なぜならば、ネナベの私がそう思っているのだから。 テレクラ ツーショットチャット

 

 

 

 

2style.net