見出し

実は日本の金融・資本市場の競争力等を高める為に行われる規制緩和のほか、金融に関する制度の更なる質的向上が目標とされた取組や活動等を促進する等、市場環境と同時に規制環境に関する整備が常に進められているのである。
ポイント。株式とは?⇒出資証券(つまり有価証券)であって、株式を発行した企業は出資した者に対して出資金等の返済に関する義務はないきまり。かつ、株式の換金方法は売却である。
最近増えてきた、スウィーブサービスとは何か?普通預金と証券取引のための口座の間なら、株式等の購入のための資金や売却でえた利益などが自動的に振替される新しいサービスである。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦です。
郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行によって実施されているサービスは一部を除いて郵便局時代の郵便貯金法の規定による「郵便貯金」とは異なり、一般的な金融機関と同じ、銀行法によって定められた「預貯金」に沿った商品ということ。
よく聞くコトバ、金融機関の評価の解説。格付機関によって金融機関を含む社債などを発行する会社に係る、信用力や支払能力などを一定の基準に基づいて評価・公表するという仕組み。


知ってい置きたい言葉「銀行の運営の行く末は銀行の信用によって軌道にのるか、融資するほど値打ちがない銀行だと判定されて失敗するかのどちらかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
【解説】保険:突然発生する事故により発生した主に金銭的な損失に備えるために、立場が同じ複数の者が少しずつ保険料を掛け金として納め、集まった資金によって予測不可能な事故が発生した者に規定の保険金を給付する仕組みである。
預金保険法に基づき設立された預金保険機構の支払う実際の補償額は"預金者1人当たり1000万円以内"のみ。この機構は日本政府及び日銀そして民間金融機関全体の三者がが同じくらいの割合で
BANK(バンク)という単語はあまり知られていないけれどイタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)が起源。ヨーロッパ最古とされている銀行⇒600年以上も昔、当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立したサン・ジョルジョ銀行なのである。
覚えておこう、バブル経済(economic bubble)とは?⇒市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)が過剰投機によって実経済の成長を超過してもさらに高騰し続け、ついに投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指すのである。


設立40周年を超えた認可法人預金保険機構の支払うペイオフ解禁後の補償限度額は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円以内"なのである。預金保険機構に対しては日本政府だけではなく日本銀行合わせて民間金融機関全体が約3分の1ずつ
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で運用して利益を求める投資信託という仕組み。気が付きにくいが取得してから30日未満で解約するような場合、その手数料には違約金が課せられるというものである。
最近増えてきた、スウィーブサービスとは?⇒通常の普通預金口座と同一金融機関・グループ内にある証券取引口座間において、株式の購入資金や売却代金などが自動振替してくれる新しいサービスである。同じ金融グループによる顧客の囲い込み戦略である。
よく聞くコトバ、スウィーブサービス⇒開設している銀行預金口座と証券の取引口座、この2つの口座間で、株式等の購入・売却代金などが自動的に双方に振替えられる画期的なサービス。同じ金融グループによる優良顧客囲い込み戦略なのだ。
福田首相が総理を降りた直後の平成20年9月に、アメリカの有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如破綻したというニュースが世界中を駆け巡った。これが発端となってその後の世界的な金融危機のきっかけとなったので「リーマン・ショック」と名づけたのが理由。


シロアリ駆除業者の料金比較
2style.net