走れレジェンド!

見出し

この言葉、「銀行の運営の行く末は銀行の信用によって順調に進むか、そうでなければ融資する価値があるとは言えない銀行だと認識されたことで発展しなくなる、二つのうち一つである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
ということは、第二種(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それを適正運営するには、大変多さの「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が規定されております。
要は「失われた10年」という言葉は、国そのものの経済、あるいは地域の経済活動が約10年超の長い期間にわたる不況並びに停滞にぼろぼろにされた10年を意味する言い回しである。
覚えておこう、金融機関の格付け(ランク付け)というものは、信用格付機関によって金融機関、社債などを発行する企業、それらの支払能力などを主観的に評価するものである。
西暦1998年6月のことである、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等の所掌する事務のうち、民間金融機関等(民間資本によって運営される銀行等)の検査・監督に関するもののセクションを区分して、旧総理府の内部部局ではなく外局(府省のもとに置かれ、特殊な事務、独立性の強い事務を行うための機関)として新組織、金融監督庁が設けられたという流れがあるのです。


ほぼ全ての自社株を公開している上場企業では、企業活動を行うための資金集めのために、株式だけではなく、さらに社債も発行する企業がほとんど。株式と社債の違いとは?⇒、返済義務の存在ですからご注意を。
平成10年12月のことである、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長とした新しい組織、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督を所管)は平成13年1月の金融再生委員会廃止まで、その管理下に約2年半置かれていたことが多い。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した西暦2000年7月、大蔵省(現財務省)から大蔵省が行っていた金融制度の企画立案事務も移管しこれまであった金融監督庁を金融庁(金融再生委員会下ではあるが)に組織を変更。翌平成13年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
つまりロイズって何のこと?イギリスの世界有数の保険市場を指す。制定法で法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)およびシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合そのものを指す場合もある。
よく聞くコトバ、デリバティブというのは従来からのオーソドックスな金融取引や実物商品そして債権取引の相場が変動したための危険性を退けるために考え出された金融商品である。とくに金融派生商品という名前を使うこともある。


知らないわけにはいかない、バブル経済(バブル景気・不景気)って何?時価資産(例えば不動産や株式など)の取引金額が無茶な投機により実際の経済の成長を超過してもべらぼうな高騰を続け、最終的には投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指します。
格付けによるランク付けのすばらしい点は、難解な財務に関する資料等が読めなくても格付けが公表されているため、金融機関の財務状況が判断できるところにある。ランキング表で2つ以上の金融機関を比較することまでできます。
ということは安定という面で魅力的で、なおかつ活き活きとした金融市場や取引のシステムの実現のためには、どうしても銀行や証券会社などの民間金融機関及び行政(政府)がお互いが持つ解決するべき問題にどんどん取り組んでいかなければならないと言える。
タンス預金の常識⇒インフレの局面では、物価が上昇した分相対的に価値が下がるのです。生活に必要とは言えないお金は、タンス預金よりも安全かつ金利が付く商品に資金を移した方がよい。
多くの保険会社が加入する日本損害保険協会は、主としてわが国の損害保険各社の健全な進展そして信頼性の前進を図り、それによって安心・安全な社会の形成に役割を果たすことを協会の事業の目的としているのです。



I LOVE Family?
2style.net