見出し1

見出し2

見出し3

最近増えてきた、デリバティブについて。伝統的なこれまでの金融取引または実物商品や債権取引の相場変動によって生まれた危険性を退けるために考え出された金融商品の呼び名でして、金融派生商品とも言います。
聞きなれたバンクという言葉はイタリア語のbancoに由来する。ヨーロッパ最古である銀行はどこなのか?600年以上も昔、当時大きな勢力を持っていたジェノヴァ共和国で誕生したサン・ジョルジョ銀行であるという。
いわゆるペイオフってどういうこと?予測できなかった金融機関の経営破綻をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護可能な預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権)につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う事である。
格付けによる評価を使用する理由(魅力)は、読む気もしなくなるような量の財務資料の理解が不可能であっても知りたい金融機関の財務に関する健全性が判別できるところにあります。ランキング表を使えば複数の金融機関の健全性を比較することも可能となる。
ほぼ全てのすでに上場済みの企業では、企業の運営のためには資金調達が必要なので、株式の上場のほかに社債も発行することが当然になっている。株式と社債の一番の違いは、返済する義務があるかないかなのだ。


小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、旧大蔵省より検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務を統合したうえで金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を金融再生委員会の下に属する金融庁に組織を変更。さらには2001年1月、上部機関の金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となったのです。
麻生総理が誕生した2008年9月15日、アメリカで最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズの経営が破綻したというニュースが世界中を驚かせた。このニュースがその後の世界的な金融危機のきっかけとなったのでその名から「リーマン・ショック」と名づけたと言う事情なのである。
平成10年12月のことである、当時の総理府の外局として国務大臣を長とした機関である金融再生委員会が設置され、のちに金融庁となる金融監督庁は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に約2年半あったという事実がある。
簡単紹介。金融機関の評価っていうのは、ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関を含む国債・社債などの発行元に係る、真の債務の支払能力などをアナリストの意見をもとに評価するという仕組み。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年6月、当時の大蔵省の金融部局であった銀行局や証券局等が所掌していた主な業務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係る部分を分離することで、旧総理府の強力な外局として旧金融監督庁を設けることになったわけです。


【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債であったり短期金融資産で運用して利益を求める投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを言います。注意が必要なのは、取得して30日未満で解約した場合、なんと手数料にペナルティ分も必要となることになる。
つまり安定という面で魅力的というだけではなく活き活きとしたこれまでにない金融市場や取引のシステムの実現のためには、どうしても民間企業である金融機関及び行政(政府)が双方の抱える解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければいけません。
そのとおり「金融仲介機能」に加えて「信用創造機能」と「決済機能」以上、代表的な機能を通称銀行の3大機能と言うのである。この機能は銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」、最も重要な銀行自身が持つ信用力によって機能できるといえる。
将来を見据え日本国内においては、銀行などの金融機関は、広く国際的な金融規制等(市場や取引)が強化されることも視野に入れつつ、経営の一段の強化、それに加えて合併・統合等も組み入れた組織の再編成などに積極的に取り組んできています。
つまりバブル経済(日本では80年代から)とは何か?不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産が市場で取引される金額がでたらめな投機により本当の経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。


キャッシング対策!借りる前に必要な事
ページのトップへ戻る
2style.net