Deep Sea/Text






ジレンマ




試合に夢中になっていて気がつかなかった。

話しかけようと思って居るはずの場所を見たら、
そこには誰もいなかった。

「あ…れ、乾、手塚は?さっきまで、居ただろう?」
「ん?アップでもしにいったんじゃないか。次は手塚の試合だし」

なにやらせっせとノートに書きこみながら、乾は言った。
不二のシングルスは久しぶりだから、ここぞとばかりにデータを取っているらしい。

「そうか…」

目の前のコートでは、不二の試合が行われている。
1対1、及びノーゲーム1で迎えたシングルス2。
どちらのチームにとっても、絶対に落とせない大事なゲームだ。
両チームの生徒から、割れんばかりの声援が上がっている。
おそらくうちの生徒の大半は、ここで不二が勝てば、
もう、この氷帝戦は勝ったも同然だと、思っているんだろうな。
事実上、これが最終戦だと。
絶対の安心感を持って。

シングルス1は、手塚だから…と。

…試合は、伯仲している。
あの不二でさえ、簡単には倒せそうにない。さすが氷帝だ。
俺の横では英二と桃が、フェンスから身を乗り出して、
食い入るように試合を見ている。

でも、俺は、

なるべく目立たないように、そっとその場を離れた。
後ろから、氷帝の大きな歓声が追い掛けてきても、立ち止まらずに。



「大石?…どうした」

少し離れた練習用コートの近くに、手塚はいた。
もうアップを終えたのか…地面に片膝をついて、バッグにラケットをしまっている。

「いや…姿が見えなかったからな」

そうか、とだけ言って、ラケットをしまい終えた手塚は立ち上がった。
眼鏡のフレームに光が反射して、俺の目を刺す。眩しい。

「試合はどうだ?」
「接戦だよ…やはり一筋縄ではいかない。強いな…氷帝は」
「そうか」

俺が今歩いてきた方向をまっすぐ見つめながら、手塚は頷く。
こういう時の手塚が何を考えているか、正直俺にはわからない。
みんなに言わせれば、手塚はいつだって何を考えているかわからない…
ということになるんだろうが、意外とそうでもない。
むしろ、わかりたくないことまで、わかってしまう時もある…。

「河村の手は…どうだろうな…」
「うん…試合が終わったら、病院で診てもらうとは言ってるけど…」

そのあとは、なんとなくふたりとも無言になった。
試合前、タカさんはそんなそぶりを全く見せなかったけれど、
きっと、もう、決めていたんだ。
俺達は何も知らなかった。
でも、知っていても結果は同じだったに違いない。
止めることなんて、できやしなかったんだ。

そうやって納得するしかない自分にいらだちを感じる。
何もできない、自分に。
せめて不二のように、試合で結果を出すことができれば…

「大石」

自分の考えに沈んでいた俺がはっとして顔をあげると、
手塚の視線とぶつかった。
いつもとまるで変わらない表情で。まっすぐ俺の目を見ている。

「あまり、考え込むな。河村が自分で決めたことだ」
「……」
「周りに何か言われて、止めるような奴じゃないだろう」
「…ああ、そうだな…」

知らない誰かが聞いたら、なんて冷たい言葉だって思うだろうけど、
もちろんそうじゃないって事、俺にはわかる。

「手塚…」
「なんだ」
「………」

言っても仕方がないことだ。そう、止めたって無駄なんだ。



でも、言わずにはいられなかった。



「手塚、その、な…腕の方は、本当にもう大丈夫なのか」
「…完治したと、言われた。お前だって聞いただろう」
「それは、そうだけど…でも、跡部は強い。簡単には倒せない」
「…」
「無理をせずに…勝てる相手じゃないだろう…?」

口に出してから、やっぱり言わなければ良かったと、後悔した。
黙っているべきだったんだ。ただ、



ただ、俺は、不安で、

ただ、怖くて、お前が、

テニスをやめてしまったら、

俺の前から、いなくなってしまったら、

それが、怖くて、不安で、

わかっているのに、言わなくてもわかっているのに、それでも、

俺は、



「…大丈夫だ」
「……!」
「心配しなくても、無理はしない」
「手塚…」



嘘だ、お前は、



そうやって、無理をしているじゃないか。



俺を安心させるために、

思ってもいないことを、口にしている。



本当は、お前は先の事なんか考えてない。
みんなと関東大会を勝ち抜いて、全国へ行くことしか考えてない。
それで自分の腕がどうなるとか、そんなことは考えていない。
跡部との試合も、必要とあれば、全力でかかるだろう。
誰が何を言ったって、聞きはしない。

それなのに、俺の不安を見すかして、
俺を安心させるために、そんなことを言ってるんだ。







本当はわかりたくないのに、そういうことはわかってしまうんだ。







「大石、行くぞ、そろそろ不二の試合も終わるだろう」

バッグを右肩に背負いなおして、手塚は俺に背を向けて歩き出した。
不二の勝利を疑ってもいない様子で。
お前は、本当に青学のみんなが好きだよな。
それも、わかるよ。
いや、それは俺だけじゃなくて、きっとみんなもわかってるだろう。

「手塚」

思わず、俺は右手を伸ばして、手塚の左腕をつかもうとして、

「なんだ」

振り返った手塚の横顔を見て、その手を止めた。


そんなことわかりたくはないけれど、

お前にだって本当は不安があるってことが、わかってしまうから、

伸ばした手は、そのまま手塚の左肩に置いて。いつもの笑顔を作って。

「…頑張れよ。氷帝を破って、みんなで全国に行こう!」
「ああ」

お前もいつもの顔で頷く。だから、
もう、何を考えているのかは、わからない。

遠く、聞き慣れた青学のみんなの歓声が聞こえる。
そこへ向かって、俺達は並んで歩いていった。



本当は、もっとお前の事をわかりたいんだ。
それなのに、わかりたくないことばかりわかってしまうから。



だから今は、俺も、無理をして。
ただ、黙ってお前と並んで歩くんだ。




END


大塚…と言っていい…の…?(聞くな)
ええと、大石は損な性格だよねって話です(しどい…)。
なんにせよ、ものすごいねつ造なので、
本編が不二VSジロー戦に入る前に無理矢理あげました。押忍。
あ、ところで、ダブルスの桃菊ペアって、勝ってるんだよね!?
氷帝戦は空白地帯なので嘘だったらどうしよう…アワワワ。



モドル
2style.net