Deep Sea/Text






わるいこ




 探している人はすぐに見つかる
 だって今日は2月14日だから



「あとべー」

 毎年この日は跡部のまわりはいつもにぎやか。
 おんなのこばかりでいつもにぎやか。

「なんだジロー、お前まだ残ってたのか」

 3年はもうほとんど授業がなくて、本当はあんまり学校に来なくてもいい。
 跡部は勉強が嫌いなくせに毎日来る。だから俺も毎日来る。
 俺も勉強は嫌いだから、いつも教室で寝てる。

「だってさー…」
「ああ…そうだったな。じゃあもうちょっと待ってろ」
「うん。待ってるー」

 今日は跡部はなかなか帰れない。
 寒くていつもみたいに外では寝られないから、教室で寝て待つ。
 時間が経つのが遅いから今日は嫌いだ。

「待たせたな、ジロー。起きろ」
「あー…もういいのー?」
「ああ、ほらよ」

 俺の目の前に跡部が大きな紙袋を置く。
 毎年少しずつ、大きくなるふくろ。

「すっげー!こんなにもらったのー!いいなー、跡部はー。チョコいっぱいでー」
「お前だってもらってんだろ」
「俺はそんなにもらえないよー。女テニの一年生とー、二年生とー」
「あー、もういいよ」
「あ、あと鳳にもお菓子もらった」
「お前もか…」
「跡部ももらった?うん、おいしいよねー、鳳のお菓子。俺好きなんだ」
「…あいつ、去年も菓子よこしたよな…やっぱり自分で作ったやつ…」
「好きなんじゃないの?お菓子作るの。あーでもさ、今年はねー」
「なんだよ」
「宍戸のやつだけ特大だった!あははは!」
「そりゃあ是非おがみたかったな、もらった時の宍戸のツラ」

 跡部が笑うと、俺も嬉しい。

「あー俺もお菓子作る練習しよっかな」
「はぁ?何で。てめえで食うのか?」
「内緒」
「好きにしろ。それより、いらねえのか?これ」
「あ、もらうもらう」

 跡部はあんまりたくさん甘いものを食べない。
 だから、毎年俺にくれる。

「じゃあそれ、全部持ってけ」
「えー、いいの?こんなにもらっちゃって」
「いいよ、どうせそんなに食わねえし」

 紙袋にいっぱい、女の子からもらったお菓子。

「でもなんか、くれた子に悪くない?」
「構わねえだろ、菓子なんてオマケなんだから」
「そうなの?じゃあメインは何?」
「あー…気持ち?か?」
「うっわ、跡部乙女ー!」
「うるせえな、てめえが聞いたんだろ!笑うな!」
「乙女ー、乙女ー!」
「黙れ、わかったもう食うな、これはやらねえ」
「あ、うそうそごめんなさい、あとべさまおとこまえー!」
「バーカ」

 お菓子でいっぱいの跡部の紙袋を持って、一緒に帰るのはこれで3回目。
 跡部の袋には、赤とかピンクより青とか白の包みが多い。
 みんな、跡部の事を良く知ってる。

「カードとか、手紙だけ返そっか?」
「いいよ別に」
「でもさー、お返しする時困らない?相手がわからなくて」
「お返しなんてしねえから、いい」
「しないのー?」
「いちいちしてられねえよ。もらう時にちゃんと礼を言ってるから、いいだろ」

 跡部にチョコをあげる女の子達は、それでも何も言わないって忍足が言ってた。
 みんな、跡部の事を良く知ってる。
 みんな、跡部の事が好きだから。

「跡部モテモテだねー」
「いつの言葉だそれは」

 道が別れた。跡部は左、俺は右。
 俺は、跡部の背中が見えなくなるまでずっと見てる。
 跡部は、絶対に振り返らないから、だから安心してずっと見ていられる。



「あとべせんぱい、わたしはてにすぶにはいったときからせんぱいのことが」

 家の近くの橋の上で、俺はいつもチョコの包みをあける。

「すきでした。てにすこーとのあとべせんぱいはいつもとてもかがやいていて」

 全部あける。
 足下は、すぐに青や白の綺麗な包み紙でいっぱいになる。

「わたしのあこがれでした。かんとうたいかいもみにゆきました。あとべせんぱいが」

 川に夕日が反射してきらきらと光る。
 本当はあんまり綺麗な川じゃないけど、今日はとても綺麗に見える。

「かったとき、わたしはうれしくてないてしまいました」

 小さな箱に並んだ小さなお菓子。

「わたしはあとべせんぱいのことをずっとわすれません」

 ごめんね跡部、俺、本当は食べないんだよ。

「そつぎょうしてもわたしのことをわすれないでください」

 ごめんね跡部、嘘ついて。

「…忘れちゃえー」

 お菓子を持った右手を開くと
 綺麗な色のお菓子の箱は、夕日にきらきらと光りながら、落ちてゆく。

「…そんなの、忘れちゃえ」

 ハートの形をしたチョコも、高価そうなチョコも、みんな落ちてゆく。



「跡部、ねえ、忘れちゃうよね?」

 ぽちゃりぽちゃりと水の音がして、
 水に映った俺の顔が、変な風に歪んでいく。

「きっと、忘れちゃうよね?」

 神様、仏様、ごめんなさい。
 おんなのこたち、ごめんなさい。
 俺は、わるいこです。
 だから、あとべも、きっと、



 おれのことをわすれちゃうよね?





 END


す…すすすすすみませ…!(土下座)
なんでいきなりジロ跡なんだよあぁ?コラ!とか思われるでしょうが、
あたしも思いました(真顔)なんで?いやまあ、結構好きなんですがジロ跡。
多分、バレンタインにナチュラルに男の先輩にお菓子をあげる、
きもちわるい鳳が書きたかったんじゃないかと…
(あたし鳳好きなんですよ!信じて!)
あとはやっぱりアニメが納得いかなかったから…自給自足というか…。
様々なものが間違いすぎ。神様仏様跡部様…!ごめんなさい…!
よいこは真似してはいけません。川を綺麗に!(そうじゃねえ!)



モドル
2style.net