Deep Sea/Text






雨に咲く青い花




 氷帝学園にはいかにも私立といった、華やかな雰囲気がある。
 制服も明るめの色で、校舎も綺麗だ。
 笑いながら学校を離れて行く生徒達を見つめながら、手塚はそう思った。
 黒い学生服の手塚だけが、その景色の中で無彩色だった。通り過ぎる生徒達の何人かが、手塚の方をチラチラと見て、何かを囁いてゆく。

 手塚は、跡部に傘を返しに来たのだ。

 返しに来いと言われて、もちろん言われなくても返すつもりではあったが、よく考えれば、手塚は跡部の家など知らない。
 もうお互いに引退しているから、試合で会う事もない。
 だから、学校に来る以外に方法が浮かばなかった。

 どうしよう。

 手塚は、彼にしては珍しく逡巡した。
 他校生の自分が学園内に入るという事に対する遠慮も、確かにある。
 だが、迷う理由はそれだけではなかった。


 わざわざ学校まで返しに来て、跡部は迷惑に思わないだろうか。
 うっとおしいやつだと、思われないだろうか。


 なぜそんな事が気になるのか、よくわからないし、そんな自分が嫌になったが、それでもやはり門をくぐることはできず、手塚はいつまでもぐずぐずとその場に留まっていた。

「お、なんやホンマに手塚がおるわ」

 急に、背後から、どこかで聞いた事のある声が聞こえて、手塚は振り返った。

「…忍足?」
「天下の手塚が俺の名前覚えてくれてるなんて、光栄やなあ」

 からかうようにそう言って近付いて来たのは、忍足だった。

「一年が、門のトコに手塚がおるーゆうて騒いでてな。ホントかどうか、確かめに来たんや。我ながら暇人やな」
「え?」
「自覚無しか。ウチのテニス部員、二百人からおるんやで。要するに、アンタの顔知ってる生徒がそんだけおるっちゅうことや」
「ああ…」

 なるほど、と納得すると同時に、手塚は少し気恥ずかしさを覚えた。
 こんなところでもたもたしている『青学の手塚』は、氷帝学園テニス部の生徒達に、さぞ奇異なものとして映っただろう。

「ほんで、何しに来たん」
「ああ、ちょうど良かった。すまないが、ひとつ頼んでもいいか」
「内容によるで」
「これを…」

 手塚は、鞄の中から、跡部の傘を取り出した。

「これを、跡部に、返してもらえないか」
「跡部に?」
「このあいだ外で借りたんだが、俺は跡部の家を知らないから」

 直接返さなくて、跡部は怒るかもしれない。
 いや、きっと、怒るだろう。
 そうとわかっていながら、人に頼もうとしている事を、手塚は少なからず情けなく思ったが、それでも、手塚は氷帝学園に入って行くだけの勇気が持てなかった。


 跡部の世界に、入って行く勇気が、持てない。


 忍足は、手塚と傘を交互に何度か見て、そして頷いた。

「はーん…なるほど、そういう事か」
「何だ」
「こっちの事や。ま、そんなおつかいくらい、頼まれたってもええんやけど…」

 側を通り過ぎる男子生徒が、忍足に向かってサヨウナラと声をかけ、会釈する。
 テニス部の後輩なのだろう、一緒にいる手塚を見て、少し不思議そうな顔をした。
 忍足は鷹揚に挨拶を返すと、再び手塚の方を見た。

「…でも、そんなことしたら、俺が跡部に怒られるよってな」
「なんで、お前が怒られるんだ」

 怒られるのは、自分だ。

 だが、忍足は手塚の質問には答えず、意味ありげに、にやりと笑った。

「まあまあ。そのかわり、跡部をここに呼んだるわ。それならええやろ」
「え?」
「大丈夫や、まだ教室におったから。アイツ、最近用もないのにいつまでもガッコに残っとるなー思っとったら、そういう事やっ……痛!」

 忍足は、急に、前につんのめった。
 そして、

「何ベラベラとくだらねえ事しゃべってんだ、てめえ」
「跡部…」

 忍足の後ろに、いつの間にか跡部が立っていた。
 左の脇に鞄を挟み、右手で拳を作っている。
 殴られた頭をさすり、忍足は眼鏡の奥から恨みがましく跡部を睨んだ。

「力一杯殴りよったな…ヒドイ奴や。お前、死んだら地獄に落ちるで」
「だからなんだ。死んだ後どうなろうが、そんなの俺が知った事か。いいから、失せろ」
「あー、わかったわかった。ほんならそういう事でな、手塚」

 苦笑しつつ、軽く手塚に向かって手をあげて、忍足は校内に消えた。
 忍足の後ろ姿を見送って、跡部は舌打ちをした。
 明らかに不機嫌だった。

「あの野郎」
「……」

 跡部は、手塚の方へ向き直った。
 まだ、その顔は不機嫌だ。

「大体お前、こんなとこで何してんだ。用があるなら、入ってくりゃいいじゃねえか」
「そうはいかないだろう。他所の学校に、勝手に入れるか」
「マジで言ってんのか、それ」

 手塚の言葉は嘘ではないが、本心でもない。
 跡部は聡い。自分の弱さなんて、簡単に見破られてしまうのではないか。

 だが跡部は、素直に呆れた、という顔をした。
 そして、しょうがねえやつだな、と、笑った。
 手塚は、気付かれなかった事を意外に思うばかりで、
 その、跡部の笑顔の裏に隠された思いを、読み取れなかった。

「跡部、これ…」
「…ああ」
「ありがとう」
「ああ」

 傘を受け取った跡部は、それきり何も言わなかった。
 ただ、とても満足そうだった。
 手塚は、ようやく安心した。

「お前、あれから大丈夫だったのか」
「だから言ったろ、俺はあれくらいの雨で、いつも傘はささねえんだよ。平気だ」
「そうか。なら、いいんだ」

 跡部は手塚の顔をしばらく黙って見ていたが、やがて、言った。

「お前几帳面だな。わざわざこんな綺麗にたたまなくてもいいのによ」
「…それは…」
「なんだ」
「いや、なんでもない」

 本当は使わなかったのだと。
 帰ってから、一度、部屋で広げてみて、そのあと元通りに丁寧にたたんで、
 ずっと鞄の中に入れてあったのだと、

 手塚は、言わなかった。

「跡部」
「ん」
「お前、この傘、あまり使わないのか?」
「さあ、二回くらいは使ったんじゃねえか。それが、どうした」
「勿体無いな」
「あぁ?」
「こっちの、話だ」

 灰色に煙る雨の中で跡部がこれをさして歩いたら、
 きっと青い花が咲いたように美しいのに。

 手塚は、軽く目を伏せて、笑った。

「なんだよ…気持ち悪いやつだな」
「いや、とにかく、ありがとう。それじゃあ」
「待てよ、手塚」

 立ち去ろうとした手塚の腕を、跡部は捕まえた。

「お前、これから暇か」
「特に用は無いが…」
「じゃあ、俺に付き合え」

 跡部は、呆れる程、自分勝手で強引だ。
 でも、そうやって、彼の世界に、入れてくれようとする。
 それが、跡部なりの優しさなのだと、手塚は知っている。
 そして、自分はそれに甘えているのだという事も。

「……」
「なんだよ。嫌なのか」
「そういうわけじゃないが」
「じゃあ、なんだよ。ああ…」

 跡部は、ニヤと笑って身を屈め、手塚の顔を、ななめ下から覗き込んだ。

「…今度は、してやろうか?」

 すかさず飛んできた手塚の手を軽く躱して、跡部は笑いながら歩き出した。
 手塚がついて来るのを、疑いもしないといった様子で、手塚は少し悔しいと思う。
 跡部の白い手が、青い傘を鞄に仕舞うのを見つめながら、

 手塚は、

 今ここで雨が降ればいい、と、強く願った。

END


「犯行声明文」の中の跡塚、『雨に咲く青い花』の続きとして書いたものです。
コピー本にして、犯行〜を買って下さった方におまけとして
無理矢理押し付けていたんですが(…)
いつも途中で切れて結局半分くらいしか渡せなかったので、
こちらに掲載してみました。
これだけ読むと多分わけわかんないと思います…が…。
ちなみに犯行〜は、お陰さまで完売しています。ありがとうございました。



モドル
2style.net