Deep Sea/Text






トクベツ




 23日に、みんなでクリスマスパーティをやろう。

 リョーマの知らないうちに、いつの間にか、そういう事になっていたらしい。
 憂鬱な期末テストが終わった数日後、桃城が1-2の教室にやってきて、結果だけをリョーマに告げた。メンバーは、いつもの顔ぶれ9人、場所は不二の家、との事だった。

「もちろん来るよな?越前」
「嫌だって言ったら行かなくていーんすか」
「駄目に決まってんだろ」
「…じゃあ聞かないで下さいよ」
「確認だよ、確認」

 クリスマスパーティなんてものにさして興味があるわけではないが、かといって別に嫌なわけでもなかったから、リョーマはそのまま無言で了承した。

「でもなんで23日なんすか?」
「そうなんだよな、普通は24日にやるだろ。でも、エージ先輩がさ」


 男ばかりでイブに集まるのは寒い。


「…って言ってな。それで」
「だったら最初からやらなきゃいいのに…」
「まあそう言うなって。たまにはいいだろ、先輩達と会う機会も少なくなったし、受験の息抜きも兼ねてって事で。それに24日は忙しい人もいるだろうしよ」
「忙しい?」
「だって、クリスマスイブだぜ?デートの予定とかあるだろ」
「なるほど。でも、桃先輩は暇なんですよね?」
「うるせえ!」

 リョーマにしてみれば、クリスマスだからといってデートだパーティだと騒ぐのはナンセンスなのだが、以前部活でそう話したら、桃城と菊丸は、楽しければそれでいいんだよと笑っていた。そういうものなのかもしれない。

「…おっと、授業始まっちまうな。じゃあそういう事でな、越前。遅刻すんなよ」
「うぃーっす」

 予鈴が鳴り、桃城は慌ただしく、教室を出て行った。
 その後ろ姿を見送って、リョーマは小さく息をついた。

 クリスマスイブの日は、リョーマにとっては別の意味で、特別な日だった。
 だが、リョーマは、それを誰にも話した事がなかった。
 とても、大切な人にさえも。



 不二の家は予想よりもずっと大きくて、話には聞いていたが訪れたのは今回が初めてのリョーマは、少なからず驚いた。リョーマの家も決して狭くはないが、それでも不二の家はケタはずれだ。不二の母親は優しそうな人で、わざわざ料理をたくさん作ってくれていた。

「そんじゃま、ちょっと早いけど…メリークリスマス!」

 菊丸が嬉しそうにそう言って、パーティは始まった。内部選考試験は、普通の高校受験ほど大変ではないと言ってもそれなりに3年生は忙しく、久しぶりに大勢で騒ぐとあって、皆良く喋り、騒いだ。あまり他人と馴れ合うのを好まない海堂ですら、いつもより口数が多かった。もっとも、大半はテニスの話だったが。
 リョーマは桃城と菊丸に挟まれて料理を食べながら、正面に座っている手塚を見た。手塚は相変わらず言葉少なに、けれど楽しそうに皆の話を聞いていて、その姿がなんだか懐かしいと、リョーマはらしくない感傷に、少しだけ、捕われた。



「お邪魔しましたー!」
「気をつけてね」

 メンバーが不二の家を出たのは9時すぎだった。不二や不二の母親は、もっとゆっくりして行けばいいのにと言ったが、あまり遅くまでいては迷惑だと、手塚と大石が丁寧に挨拶し、そして解散となった。それでも、みんな充分に楽しんで、満足した様子だった。
 解散後、リョーマは家の方向が同じ桃城と、途中までテニスの話をしながら一緒に帰った。桃城と別れ、家の前についたリョーマは、中に入ろうとして急にある事を思いつき、踵を返した。
 駅の公衆電話で、もう少し帰りが遅くなるが、先輩が一緒だから心配ないと家に連絡を入れ、リョーマは白い息を吐きながら高架下を歩いた。行き先は、あのコートだ。

 リョーマの世界が、変わった場所。
 あの人が、変えてくれた場所。

 夜のコートはひっそりと静まり返っていて、当然だが誰もいなかった。時々、酔っ払いが大きな声で笑う声が近付いては、また、遠ざかって行く。頭上からは数分おきに、電車が走る大きな音が聞こえてきた。

「さみー…」

 リョーマは、高架下の、コートが見える辺りのコンクリートに座った。あまり目立つところにいて、補導でもされたらシャレにならない。
 腕時計を見ると、11時を少しまわったところだった。

 それは、単に、思いつきだった。

 リョーマは、12月24日を、
 自分の生まれた日を、
 ここで迎えよう、と思ったのだ。
 そんな事に何の意味もないとわかっていたけれど、それでも、そうしたい気分だった。

 ここからなら、12時になってからすぐに駅へ向かえば終電に充分間に合う、とリョーマは計算して、ただじっと座って時間が経つのを待った。
 ライトの点いていない暗いコートは、あの時とはまるで違う場所のようで、なんだか不思議な気分になる。バカなことをしていると自分でも思ったが、リョーマはこの状況を結構楽しんでいた。

 あと、20分。

 アメリカにいた時。
 リョーマの家はクリスチャンではなかったし、リョーマ自身も違ったが、周りはみんなクリスチャンで、クリスマスは教会へ集まっていた。リョーマも無理矢理連れて行かれた事が、何回かある。
 大きなステンドグラスのある教会では、みんな賛美歌を歌い、神父の言葉に耳を傾け、何かを祈っていた。

 何を、何に祈ってるんだろう。

 ぼんやりとステンドグラスを見つめながら、リョーマはいつもそう思っていた。
 リョーマは、一応かっこうだけ真似をしてはいたが、実際は、天使にも聖母にも神にも、祈った事はない。
 そんな目に見えない、曖昧なものは信じられなかったからだ。

 あと、10分。

 リョーマは、目を閉じた。
 まぶたに、冷えた空気を感じる。
 明日は、雪が降るかもしれないと、さっき誰かが言っていたような気がする。

 ふいに、人の気配を感じて、リョーマはゆっくりと目を開けた。

 「……!」

 目線の先、コートのフェンスの前に、手塚が立っていた。

 手塚はさっき別れた時のままの姿で、フェンスに手をかけ、黙ってコートを見ている。
 手塚も、帰らなかったのか。
 なぜ、こんなところにいるのか。
 手塚に聞こえるんじゃないかと思うくらい、リョーマの心臓が強く、打った。

「…越前?」

 リョーマは息すら殺していたのに、手塚は振り返り、リョーマを見つけた。
 心臓の音が、聞こえたのだろうかと錯覚した。

「ちー…す」
「何やってるんだ。早く帰れと、さっき言っただろう」
「先輩こそ、何してるんすか」
「誤魔化すな、お前の話をしてるんだ」
「その言い方、狡いね。まあいいけど」

 リョーマも頑固だが、手塚はそれに輪をかけて頑固なのを知っているから、リョーマはそれ以上追求はせず、軽く肩を竦めるだけにとどめた。

「なんとなく、ココに来たくなって、それで」
「こんな時間にか?」
「色々と…あってね」

 手塚の視線を軽く流して、リョーマは適当に言葉を濁した。
 もちろん、手塚にさえも明日が何を意味する日か、話した事は無かった。

「…風邪引くぞ」
「大丈夫っすよ」

 手塚の声はとても静かで、もっと怒られるかと思ったのにと、リョーマは少し意外に思った。顔色を窺ってみたが、やはりそんなに怒ってはいないようだったので、立ち上がって近付き、手塚の隣に並んだ。手塚は、そんなリョーマを黙って見ていたが、また視線をコートへ移した。

 あと、5分。

「ねえ、やっぱりアンタも明日忙しい?」
「何故だ」
「クリスマスイブじゃん」
「うちは浄土真宗だから、クリスマスは特に何も…」
「あー、あのね、そうじゃなくって、ホラ…デートとか、さ…」
「クリスマスと、何か関係あるのか?」
「…えーと。いや、もういいっス」

 手塚にこんな事を聞いた自分が馬鹿だったとリョーマは思ったが、同時に、心のどこかが安心している。自分も馬鹿だな、と思わず苦笑した。

「じゃあ予定とかないの?」
「無い」
「…それじゃあさ…」

 その時、リョーマの時計が小さく鳴って、日付けが変わった事を、知らせた。

「あ、24日になったね。メリークリスマス、って言えばいいのかな」
「…越前」
「え?」
「……」
「…?どうしたの?」
「その…」

 返事がなかなか返ってこないのでリョーマが見上げると、手塚は何か言いにくそうな、ちょっと困ったような顔をしていたが、目で促されて、やっとその口を開いた。

「いや…お前、今日…誕生日だろう。…おめでとう」
「…!何で、知ってるんスか?」

 心底驚いて、リョーマは大きな目をさらに大きく見開いて手塚を見た。その視線を避けるようにして、手塚はあらぬ方を見やり、いつもより早い口調で、やや弁解がましく、言った。

「いや、たまたま皆の誕生日の話になって…それで、乾に聞いたんだ」
「乾先輩か…」

 乾が手塚に向かって、いつもの、何かを企んだ喜々とした顔で話をしている姿を想像して、リョーマは歯噛みした。
 手塚に祝ってもらえて嬉しくないわけではないが、なんだか複雑な気分だった。いくら好きな相手でも、あまりべたべたした付き合いはしたくないし、何かを期待しているように思われたくなくて、あえて黙っていたのに。

「……ども」
「越前の家は、クリスマスと誕生日を一緒に祝うのか」
「祝う、と言うか…」

 確かに、毎年24日は、パーティらしきものをする事はする。
 らしき、というのは、楽しい事が大好きな南次郎がはしゃぐわ酔っぱらうわで、最後には何のパーティなのか分からなくなるのが常だったからだ。締まりのない顔で笑う父親の姿を思い出して、リョーマはいくらか不愉快になったが、今一緒にいるのは父親ではないと気を取り直した。

「じゃあさ、先輩」
「なんだ」
「カワイイ後輩の誕生日に、何かプレゼントくれる?」
「…可愛い後輩って、誰のことだ」
「言うと思った。まあ、それはいいから」
「何か、欲しいものがあるのか?」

 言葉で答える代わりに一歩近付くと、リョーマは黙って手塚の方に顔を近付けた。一瞬訝しげな表情を作った手塚だが、リョーマの意図を理解したのか、その白い頬に寒さのためではない赤みが微かにさした。手塚にしては珍しく察しがいいなと、リョーマは妙に感心した。

「え、越前…」
「ん?」
「走るぞ」
「はぁ?」

 手塚が応えてくれるなんてはなから期待してはいなかったが、それでもあまりにも的外れな事を言われて、リョーマは間抜けな声を出した。

「何で走るわけ?この状況で」
「歩いて帰るつもりなのか?出るぞ、終電」
「え?あ、やべっ!」

 誤魔化された感もないではないが、時間を確認すると、確かにもうじき終電が出てしまう。リョーマと手塚はお互いの顔を見ると、次の瞬間に走り出した。二人は、人気のない道を並んで走りながら、途切れ途切れに言葉を紡いだ。

「ねえ」
「何だ」
「それじゃあさ、せめて、明日は俺に付き合ってよ。予定がないなら」
「付き合う?」
「テニスでも、映画でも、食事でもさ、何でもいいから。アンタの時間を少しでいいから、俺にくれない?」
「それでいいのか?」
「欲張るとロクなことないからね。それで、いいよ」
「めずらしく、殊勝だな」
「一言多いっすよ!」

 冬の夜気の中を全力で走っているせいで、さすがのリョーマも息が上がっていたが、それでもつい、憎まれ口を叩いてしまう。自らの吐く息で、視界が一瞬、白く霞んだ。

「で、いいの?だめなの?」
「わかった、そういう事なら、付き合う」

 リョーマは手塚には聞こえないように、ヤッタ、と小さく呟くと、走る速度をあげて、手塚を追い抜いた。

 天使にも聖母にも、神にだって祈った事はなかった。
 そんな形のない、曖昧なものは信じられなかった。
 でも、今一緒にいてくれる、この人は、
 自分に、形のないものを、見せてくれた。
 確かに信じられるもの、その先にあるものを、見せてくれた。

 転がり込むように改札口に着いて、ぜいぜいと肩で息をしながら振り向くと、同じように手塚がやってきた。目があうと、白い息を吐きながら、少し笑った。

 ずっとこうやって一緒にいられればいいのにと、
 リョーマは生まれてはじめて、何かに祈った。



 END


手塚家が浄土真宗かどうかは知りませぬが、
リョーマお誕生日おめでとう!
誕生日なのに、なにもさせてあげなくてごめんね!えへ!(笑ってる場合じゃないよ)



モドル
2style.net