ダジャレ王を目指して!

サイトの説明文

見出し

15年近く昔の西暦1998年6月、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係るものを切り離して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく強力な外局として金融監督庁(のちの金融庁)を設けたのだ。
覚えておこう、MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債、短期金融資産で運用する投資信託のことを言うのである。注意が必要なのは、取得からすぐ(30日未満)に解約するような場合、手数料になんと罰金が上乗せされることを忘れてはいけない。
全てと言っていいほどすでに上場している企業においては、事業のための資金集めのために、株式だけでなく社債も発行するのが一般的になっている。株式と社債の一番の大きな違いは⇒返済義務があるかないかと言える。
【用語】外貨MMFとは、例外的に日本国内でも売買してもよい外貨建て商品である。同じ外貨でも預金と比べると利回りがずいぶん良い上に、為替変動によって発生する利益が非課税として取り扱われるメリットがある。証券会社で購入する。
難しいけれど「ロイズ」って何?シティ(ロンドンの金融街)の世界的に有名な保険市場なのである。イギリスの議会による制定法の定めにより法人化されている、ブローカーやシンジケートが会員の保険組合を指す場合もある。


の"東京証券取引所(兜町2番1号
小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、大蔵省(現在の財務省)から検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務も統合しこれまであった金融監督庁を新組織である金融庁として再スタートさせた。21世紀となった平成13年1月、金融再生委員会は中央省庁再編にともない廃止され、現在の内閣府直属の外局となったのです。
麻生内閣が発足した2008年9月15日に、アメリカの最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したのだ。このニュースがその後の世界の金融危機の原因になったため「リーマン・ショック」と呼ばれたというのが事実である。
このため我が国の金融・資本市場の競争力等を高めることを目的とした緩和のほか、金融システムの更なる質的向上を目標にした活動等を積極的に促進する等、市場や規制環境の整備が着実に進められているのである。
未来のためにもわが国のほとんどの金融機関は、国内だけではなくグローバルな規制等が強化されることもしっかりと視野に入れ、財務力のの強化だけにとどまらず合併・統合等を含む組織再編成などまでも積極的に取り組んでいます。


格付け(信用格付け)を利用するメリットは、難しい財務に関する資料が読めなくても評価された金融機関の経営状態が判断できるという点にあり、ランキング表で複数の金融機関を比較することも可能です。
タンス預金⇒インフレの局面では、上昇した分現金はお金としての価値が目減りすることになる。当面の生活になくてもよいお金は、どうせなら安全ならわずかでも金利が付く商品に変えた方がよいだろう。
つまり金融機関の信用格付けとは何か、格付会社が金融機関、金融商品または企業・政府、それらの信用力や債務の支払能力などを一定の基準に基づいて評価するということ。
すべての証券会社が設立者である日本証券業協会では、国内にあるすべての証券会社および登録金融機関が行う株券や債券など有価証券の取引(売買等)を公正、そして円滑にし、金融商品取引業が健全な成長を図り、投資者を守ることを目的としている。
ということは、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を発売し、それを適正に運営していくためには、気の遠くなるほど数の「やるべきこと」、業者として「やってはいけないこと」が規則により求められているのである。



ブック880!毎日本を読んだら賢くなれる
2style.net