新宿の街をあなたはちゃんと知ってますか?

新宿といえば、日本で最大の繁華街として世界的にも有名ですね。
現に新宿駅の一日平均乗降者数は約326万人と、ギネス世界記録に認定されています。 都内近郊に住んでいれば、誰しもが一度は訪れたことがある街なのではないでしょうか。

ですが、新宿駅とその周辺の街の構造はかなり複雑です。
たまに行くぐらいだと、あのビルはどっちだけ…と迷ってしまうことが多々あるかと思います。 なので新宿の西口と東口がどのように違うかを、大まかにではありますがまとめてみました。
久しぶりに新宿に行かれる方は、どうぞご活用くださいませ。

新宿の東口と西口の特徴

東口 ~スタジオアルタ方面~
東口 ~スタジオアルタ方面~

新宿東口といえば、お昼番組の代名詞「笑っていいとも!」のスタジオアルタが有名です。 主に歓楽街の体をなしているので、老舗デパートから飲食店、コアな専門店など様々なお店が密集しています。 品川とかとは違った楽しみがこのあたりにはあります。品川近辺なら(参考最新の品川周辺で遊ぶ情報(デリ・風俗など)

また靖国通りを渡れば、そこはもう眠らない街・歌舞伎町の入口となっています。

続きを読む
西口 ~新宿副都心~
西口 ~新宿副都心~

駅周辺はルミネやハルクなどのデパートが多くありますが、西口全体としては超高層ビルが林立する新宿副都心となっています。 東京都庁やコクーンタワーなど行政や学校などがあるからか、静かで落ち着いた雰囲気が漂っています。

長距離バスなどの乗り降りの場は主に西口がメインとなっています。

続きを読む

西口と東口さえしっかりと把握できていれば、相対的に新宿の街並み全体が理解できるようになるかと思います。
そうなれば、もう新宿の待ち合わせ場所に困ることも減るのではないでしょうか?
当サイトを切っ掛けに、新宿が皆さんにとって身近な街になれば幸いです。

2style.net