《2Style》にはいくつかの広告形式があるようなのですが、申し込み当初に表示されているGoogle広告を例としてフレーム構成を考えてみました。一例とお考えいただければ、幸い。
 区切り線
このページは、6つのファイルで構成してみました。
index.html…「フレーム」を設定。
head.html…上フレーム。《2style》サーバー広告表示想定。
menu.html…画面左に表示されるメニュー。《2style》サーバー広告規定に準拠し、広告非表示処理済み。
main.html…最初に表示される右画面。
main1.html…MAIN-1をクリックすると表示。
line.gif…ラインの画像です。
 区切り線
ファイル名を右クリックして、「対象をファイルに保存」。
自PCの、同じフォルダーのなかに保存してみてください。
HTMLファイルのアイコンを、ダブルクリックするとIEで開きます。
HTMLファイルのアイコンを、右クリックして「プログラムから開く→notepad」を選択するとメモ帳で編集することができます。
メモ帳の画面とIEの画面を見比べると、タグの意味がわかってくるはずです。
 区切り線
このサンプルは、下記のサイトを参考にしました。
http://html.idena.jp/frame.html
http://members.jcom.home.ne.jp/pctips/www/faq/Frameset.html
HTMLタグやCSSの確認には↓が便利です。
TAG<index> / frame関連
HTMLクイックリファレンス
基本が判れば簡易ツールもあります。
フレームメーカー
【おまけ情報】
当初、左図のように、広告が左下に固定になるフレーム組を考えておりましたが、質問掲示板で「違反」というご助言があったので止めました。どうやら、「広告が常に表示されている"だけ"」ではダメなようです。メインフレームを購読する際の視線の流れ上に、広告があることが重要なのかな?と推測。ご助言に感謝します^^

【さらにおまけ】
 このフレーム見本は、拙ブログ記事「……それでも私はフレームを使う」のおまけファイルです。フレームの長所と欠点を書いたサイト様へのリンクは元記事にありますので、ご一読ください。
2style.net