URLリスト
↓初月無料!2styleは月初がお得!
有料プラン
インフォメーション
NEWS
>格安有料ホスティング受付中。
ex.2style.net(CGI・SSI・PHP・独自ドメイン利用可能プランあります。)
詳しい情報はこちら

一般二種電気通信事業者
届出番号:
A−19−9465

スポンサー

☆携帯サブアドは超便利COM!メール

ショップ.2style.net

"携帯"でブログやるならBlogtown!

2style.net SNS(仮)

グルメ専用検索エンジンCoocle

ペット専門ブログサイト! Pelogoo!

ほくろ除去してほくろ取る


license0492
Perl CGI's By
Mrs.Shiromuku
NO.0270
カウンター

レンタルサーバー比較

レンタルサーバーデータベース

■自動挿入広告の一部非表示処理について

フレーム等を利用したWEBページデザインの場合、同一ウインドウ内に広告が2箇所以上表示されます。
そうした場合、下記フレーム構成の形態により、一部の自動挿入広告のみを非表示にすることができます。
(下記フレーム構成は、基本的な構成のみ例として記載しています。下記に当てはまらない構成の場合には、メインフレーム部分及びメニューフレーム部分の位置により、一番近いフレーム構成に準じさせていただきます。)
※ブラウザで閲覧した際に、最前面に表示されるすべての画面において、1箇所以上広告が表示される状態でなければいけません。

注意事項
2006年7月13日より広告の一部非表示申請は不要となりました。
※「スポンサー」「広告」「クリックして下さい」等の文書を自動挿入広告の付近へ掲載することを禁止します。

※このページで記載されている1024*768程度の画面サイズとは、
OS側の設定画面サイズが1024*768という意味です。
実際ブラウザ上での、WEBページ表示サイズは1014*618程度です。
メニューバー、ツールバー及びステータスバーなどがあるため、表示サイズは小さくなります。
(Windowsでの標準的なブラウザ設定を基本とします。)
※下記ボタンを利用して表示確認することが可能です。



※弊社では規約違反判断の際には、下記ブラウザ条件にて確認致します。
ブラウザ:Internet Explorer Ver6.0
ウインドウサイズ:1024*768ピクセル
表示文字サイズ:最小
その他:メニューバー、ツールバー、アドレスバー及びステータスバーを表示
(一般的なブラウザ設定です。WEBページ表示部分の大きさは、1014*618ピクセル程となります。)

▽フレーム構成別の非表示処理可能場所

・ケース1(:メニュー :メイン)


>フレームには、必ず広告を掲載して下さい。フレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。

・ケース2(:メニュー :メイン)


>フレームに、広告を掲載する場合には、フレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。
>フレームに、広告を掲載(1024*768程度の画面サイズで、スクロールせず、常時広告が表示される必要があります。)する場合には、フレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。

・ケース3(:メニュー :メイン :サブ)

>フレームには、必ず広告を掲載して下さい。フレーム及びフレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。

・ケース4(:メニュー :メイン :サブ)

>フレームに、広告を掲載する場合には、フレーム及びフレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。
>フレームに、広告を掲載(1024*768程度の画面サイズで、スクロールせず、常時広告が表示される必要があります。)する場合には、フレーム及びフレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。
>フレームに、広告を掲載(1024*768程度の画面サイズで、スクロールせず、常時広告が表示される必要があります。)する場合には、フレーム及びフレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。

・ケース5(:メニュー :サブ :メイン :サブ :サブ)
※(アイフレームによるものを含む)

>フレームに、広告を掲載(1024*768程度の画面サイズで、スクロールせず、常時広告が表示される必要があります。)する場合には、フレーム及びフレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。
>フレームに、広告を掲載(1024*768程度の画面サイズで、スクロールせず、常時広告が表示される必要があります。)する場合には、フレーム及びフレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。
>フレームに、広告を掲載する場合には、フレーム及びフレームに関しては、広告を非表示にしても問題ありません。

▽自動挿入広告非表示処理方法
・その1(ad_textのスタイル定義による非表示)
広告を表示させたくないHTMLファイルの<HEAD>〜</HEAD>の間に、下記HTMLを挿入。
<!-----ここから----->
<STYLE type="text/css">
<!--
.ad_text {display: none}
-->
</STYLE>
<!-----ここまで----->

・その2(ファイルの拡張子変更による非表示)
広告を表示させたくないHTMLのファイルの拡張子を、「.htm」・「.html」から、「.2htm」に変更。

▽自動挿入広告一部非表示処理申請

2006年7月13日より広告の一部非表示申請は不要となりました。



株式会社デネット | メンテナンス情報 | プライバシーポリシー
© 2001-2016 無料ホームページ 2style.net All rights reserved.